これで解決!青色申告と白色申告の違いと特徴

確定申告には青色申告と白色申告の2つがある

最近ではネットの発達や価値観の変化から自営業として独立する人が増加しています。そして自営業になると最初につまずくことになるのが確定申告についてです。よく知られていることですが、確定申告には青色申告と白色申告の2つがあります。それではこの2つは何が違うのでしょうか。またどちらを利用すべきなのでしょうか。

青色申告の特徴と注意点

青色申告の最大の特徴は65万円控除の特典です。よく青色申告はお得だと言いますが、それはこの65万円控除のことを指しています。つまり確定申告を青色にするだけで所得税などの税金から65万円が割引されるということです。他にも赤字を翌年に繰り越すことが出来るなどの特典が付いています。しかし注意しなければならないのは帳簿がやや複雑になることです。複式簿記という形で記帳する必要があるので少しだけ難しくなります。また青色申告をするためには事前に税務署に申請しておく必要があるので忘れないように気を付けなければなりません。

白色申告の特徴と注意点

白色申告の特徴は記帳が簡単であることです。青色申告の場合は複式簿記にする必要がありますが、白色申告の場合は簡易簿記で申告することが出来るので簡単に行えます。しかし簡単に申請が出来る代わりに青色申告の特典である65万円控除は受けることが出来ません。また赤字の繰り越しも出来ないので注意が必要です。

青色と白色のどちらがいいのか

それでは結局のとコト青色申告と白色申告ではどちらの方が良いのでしょうか。これはどのような経理を行うかで異なるため一概には言えません。しかし、難しいと言われている青色申告の複式簿記ですが、最近では会計ソフトが充実しているため、特に知識がなくても複式簿記を行うことが可能です。

青色申告とは、確定申告の一つで、給与所得者が行う白色申告に対して、個人事業主の方が行うものになります。